1位  記録的豪雨、大町で油流出 3人死亡6000棟被害
2位  維新博224万人来場
3位  高校文化部祭典「さが総文」全国から2万人
4位  県産米作況「58」全国最低
5位  サガン鳥栖・トーレス引退
6位  長崎ルート 与党はフル規格「適当」、佐賀反発
7位  玄海原発2号機廃炉決定
8位  日韓関係悪化、佐賀空港の韓国全便運休
9位  オスプレイ配備計画、県が漁協と協議開始
10位  神埼陸自ヘリ墜落事故 原因を報告
次点  五輪聖火トーチ、吉岡徳仁さんデザイン

 2019県内10大ニュース決定 

 佐賀新聞の読者が選ぶ2019年の「県内10大ニュース」が決まった。1位は、3人の命が失われ、工場の油流出を伴う浸水被害が広がった8月末の記録的豪雨が選ばれた。復旧・復興は進むが、いまだに多くの人が自宅に戻れずにいる。2位は304日間で224万人が来場した肥前さが幕末維新博覧会。18年に続く2位で、多くの県民が先人の偉大さに触れた。

 3位は全国の文化部高校生たちの情熱が印象的だった「第43回全国高校総合文化祭(さが総文)」、4位以下には県産米の不作やサガン鳥栖・トーレス引退が入った。

2019年10大ニュース当選者はこちら

 

平成年間トップニュース

1989(平成元)年 吉野ケ里遺跡で全国最大の環濠集落出土
1990(平成2)年 吉野ケ里遺跡、国史跡に指定
1991(平成3)年 2度の台風直撃で県内全域に大きなつめ跡
1992(平成4)年 佐賀市議長選汚職でリコール
1993(平成5)年 コメ凶作、開放に揺れる
1994(平成6)年 夏の甲子園で佐賀商初優勝
1995(平成7)年 大震災、県内でも支援の輪
1996(平成8)年 焱博に255万人
1997(平成9)年 熱気球世界選手権に107万人
1998(平成10)年 佐賀空港が開港
1999(平成11)年 鹿島連続保険金殺人
2000(平成12)年 西鉄バス乗っ取り事件で死傷者
2001(平成13)年 有明海異変 ノリ記録的不作
2002(平成14)年 北方、神埼保険金殺人容疑者を逮捕
2003(平成15)年 古川知事誕生
2004(平成16)年 台風、竜巻襲う 水稲も不作
2005(平成17)年 みやき町で震度6弱
2006(平成18)年 台風13号・豪雨 3人死亡、コメ作況最悪
2007(平成19)年 佐賀北高、夏の甲子園優勝
2008(平成20)年 原油高騰 県民生活に影響
2009(平成21)年 衆院選佐賀1、2区で民主勝利
2010(平成22)年 猛暑、熱中症患者が急増
2011(平成23)年 サガン鳥栖、悲願のJ1昇格
2012(平成24)年 サガン鳥栖J1昇格1年目で5位
2013(平成25)年 TPP、コメ減反見直し 農家に不安広がる
2014(平成26)年 自衛隊オスプレイ 佐賀空港に配備方針
2015(平成27)年 三重津海軍所跡が世界遺産に
2016(平成28)年 熊本地震 県内でも震度5強
2017(平成29)年 衆院選佐賀は2選挙区とも野党が当選
2018(平成30)年 陸自ヘリ民家に墜落、隊員2人死亡

おすすめ記事
 
おすすめ記事