玄海原発
玄海原子力発電所に関連したニュース、連載、特集記事をまとめています。

原子力規制委の視察、再び延期に 「まん防」実施に対応

原子力規制委員会は18日、25日に予定していた更田豊志委員長らによる九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の現地視察と周辺自治体首長との意見交換を延期すると発表した。新型コロナウイルスの影響によるもので延期は2度目。

<コロナワクチン>九州電力が社員約4000人に職域接種

九州電力は16日、子会社の九州電力送配電を含めた社員約4千人に新型コロナウイルスワクチンを接種すると発表した。7月12日以降、福岡市の本店で開始する。

<新型コロナ>玄海原発工事会社でクラスター 佐賀県、6月16日発表

佐賀県は16日、唐津市の30代男性3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

<新型コロナ>玄海原発工事請負会社社員1人が陽性 九電、14日発表

九州電力は14日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の20代男性社員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。 九電によると、男性は13日に発表した感染者の同僚で、同じ車両で通勤していた。

<新型コロナ>玄海原発の工事請負会社社員1人が感染

九州電力は13日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の20代男性社員の新型コロナ感染を確認したと発表した。 九電によると、男性は同日、体調不良のため医療機関でウイルス検査を受けたところ陽性と判明。

原子力規制委の視察、25日に実施 玄海原発

原子力規制委員会は11日、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた更田豊志委員長らによる九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の現地視察と周辺自治体首長との意見交換を、25日に行うと発表した。

玄海原発、燃料調達にめど 停止の製造工場、審査合格有料鍵

19年から供給途絶え 11月再開へ
九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)3、4号機で使う新しい核燃料について、ようやく調達のめどが立った。

<抄録永田町>岩田議員、原子力特別委で指摘 避難計画実効性向上を有料鍵

自民党の岩田和親衆院議員(比例九州・佐賀市)は27日の原子力問題調査特別委員会で、原子力防災の改善、向上に関する政府の取り組みについて質問した。

<新型コロナ>玄海原発請負会社、男性社員1人感染

九州電力は16日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の請負会社で管理業務に従事する福岡県の30代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

<新型コロナ>玄海原発請負会社、社員1人が感染 同僚は陰性

5月13日発表
九州電力は13日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の20代男性社員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。 九電によると、男性は10日に発表した感染者の同僚で、同じ車両で通勤していた。

<新型コロナ>玄海原発の工事請負会社社員1人感染 5月10日

九州電力は10日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の20代男性社員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

福島第1原発で作業経験者が意見陳述 佐賀地裁、玄海原発運転差し止め訴訟

佐賀県内外の住民ら1万人以上が、国や九州電力に玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)の全基の操業停止を求めている訴訟の第35回口頭弁論が7日、佐賀地裁(三井教匡裁判長)で開かれた。

<新型コロナ>玄海原発の工事請負会社の社員1人感染 九電発表

九州電力は4日、玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の40代男性社員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

「地元対応進める」九州電力・池辺社長 乾式貯蔵施設認可で有料鍵

九州電力の池辺和弘社長は30日に福岡市であった記者会見で、玄海原発(東松浦郡玄海町)に整備する乾式貯蔵施設が原子力規制委員会の許可を得たことに関し、「非常に丁寧に審査していただき、内容も充実している」と所感を述べ、…

<企業人事さが>玄海原子力発電所長に中牟田氏

九州電力は30日、執行役員の人事を発表した。

玄海原発「乾式貯蔵」正式許可 原子力規制委

使用済み燃料を空冷
九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の使用済み核燃料の保管量を増やすため、乾式貯蔵施設を敷地内に設置する九電の計画に関し、原子力規制委員会は28日、正式に許可した。

川内原発、特別点検実施へ 九州電力、40年超の運転判断

九州電力の池辺和弘社長は28日の記者会見で、2024年以降に運転開始から40年を迎える川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の運転延長の是非を判断するため、特別点検を行う考えを示した。

唐津市、12市町と避難者数共有へ 対策協、玄海原発の事故想定で

九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)で事故が発生した場合、唐津市民の受け入れ先になる佐賀県内12市町への円滑な避難を検討する「唐津市原子力災害時広域避難対策協議会」の会合が26日、佐賀県庁で開かれた。

手掌多汗症の新薬、久光製薬が臨床試験終了 22年度中の販売申請へ

久光製薬(鳥栖市、中冨一榮社長)は27日、手のひらに多量の汗をかく「原発性手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」に対する治療剤「オキシブチニン塩酸塩」の新薬承認に向け、臨床試験の最終段階である第3相試験を終えたと発…

基準地震動変更、玄海原発はなし 九州電力、改正基準対応

九州電力は26日、原子力施設の地震対策に関する新規制基準の改正に伴い、玄海原発(東松浦郡玄海町)の運転や構内の工事に影響はないと発表した。
イチオシ記事