全国高校野球選手権
全国高校野球選手権(夏の甲子園)に出場する佐賀県代表チームの特集ページです。2021年夏の大会には東明館が出場します。

<全国高校野球>廣瀬審判(佐賀市)、初の甲子園 初日に塁審、大会下支え

佐賀県公式野球審判協会から派遣審判員として今大会に参加している廣瀬央さん=佐賀市=が、大会第1日の10日、第2試合・新田(愛媛)―静岡で塁審として甲子園の土を踏んだ。 廣瀬さんは二塁塁審として“初出場”。

<夏の甲子園>東明館、初陣飾れず 日本航空(山梨)に0-4

【甲子園で本社取材班】第103回全国高校野球選手権大会は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。

東明館、初の甲子園惜敗 地元基山でPV「力発揮できた」

東明館高が初の甲子園の舞台に臨んだ10日、地元の三養基郡基山町は、町を挙げて選手たちを後押ししようと、パブリックビューイング(PV)を開いた。

<甲子園>東明館 松本2安打、好機演出

日本航空4-0東明館
東明館の6番松本晃が、集大成の夏に気を吐いた。全5安打のうち、2安打を放ち好機を演出。「(特に)1打席目は結果を残そう思っていた。

<甲子園>日本航空4-0東明館 戦評

▽1回戦(16時4分)(佐賀)東明館 000000000=0日本航空00000103×=4(山梨) 東明館は再三得点圏に走者を進めながら、好機であと一本が出ず無得点に終わった。

<甲子園>東明館 ぎんさん、思わぬ先制許し流れ戻せず

日本航空4―0東明館
五回まで相手打線を1安打に抑えていた東明館だったが、終盤に痛恨の4失点を喫し、目標の「甲子園1勝」を果たせなかった。豊福弘太監督は「先制点が取れない中、選手は粘り強く我慢してくれた。とにかく悔しい」と話した。

第103回全国高校野球選手権 東明館、終盤4失点有料鍵

日本航空4―0東明館
第103回全国高校野球選手権大会は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。開会式に続いて1回戦3試合が行われ、春夏通じて初出場の佐賀県代表・東明館は0-4で日本航空(山梨)に敗れた。

<甲子園>再三好機も1点届かず 長身左腕の緩急に5安打

日本航空4-0東明館
東明館は序盤、再三チャンスをつくったものの、あと一本を出すことができずに無得点に抑えられた。豊福監督は「イメージ通りの試合になったが、先制点がうまく奪えなかった。

<全国高校野球選手権>東明館 0-4で日本航空(山梨)に敗れる

第103回全国高校野球選手権大会は10日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。春夏通じて初出場の東明館は、第3試合で日本航空(山梨)と対戦し、0-4で敗れた。

<全国高校野球>東明館いざ初戦 10日第3試合 加藤主将「絶対勝ちたい」

2年ぶり夏の甲子園開幕
初の甲子園に出場する佐賀県代表・東明館の豊福弘太監督と加藤晴空主将が9日、オンラインで10日の初戦への意気込みなどを語った。

<甲子園>東明館、攻守に士気高く 10日、初戦 豊福監督「思い切りプレーを」

【甲子園で本社取材班】春夏通じて初の甲子園に挑む東明館は、大会第1日の10日、第3試合(午後3時半開始予定)で日本航空(山梨)と対戦する。8日は兵庫県西宮市の津門中央公園野球場で約2時間練習を行い、士気を高めた。

廣瀬さん(佐賀市)、審判で甲子園に

「納得してもらえる判定を」
佐賀県公式野球審判協会の廣瀬央(おう)さん(43)=佐賀市=が、10日開幕する全国高校野球選手権大会に審判として派遣される。「昨年の先輩の思いも背負って出場する選手もいる。

<高校野球特集>東明館、初勝利目指す 堅い守り、堅実な攻め有料鍵

第103回全国高校野球選手権大会は9日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。春夏通じて初出場の東明館は、同日の第3試合で日本航空(山梨)と対戦。

<聖地に挑む 羽ばたけ東明館(下)>二人三脚 部員6人「楽しむ」から出発 育て上げた“素人集団”有料鍵

東明館高が開校した1988年と同時に野球部は創部した。グラウンドにはわずか6人。練習試合すら組めなかったチームは、古賀洋部長と豊福弘太監督による二人三脚の指導によって夢の舞台へとたどり着いた。

<聖地に挑む 羽ばたけ東明館(上)>1点への執念 「接戦で競り勝つ」意識浸透 得点の形こだわらず有料鍵

2年ぶりの開催となった全国高校野球選手権佐賀大会。第1シードで挑んだ東明館は大勝はほとんどなく、接戦の連続だった。チーム一丸で貫き通したのは「1点への執念」。

<全国高校野球選手権>東明館、日本航空(山梨)監督に聞く有料鍵

東明館・豊福監督 接戦に持ち込み活路 日本航空・豊泉監督 投手陣がキーマンに
第103回全国高校野球選手権大会に初出場する佐賀県代表の東明館と、初戦の相手となる山梨県代表・日本航空の両監督による対談が4日、オンラインであった。

「チームのために力尽くす」 壮行会で在校生ら激励

第103回全国高校野球選手権大会に初めて出場する東明館高(基山町)で4日、選手たちを激励する壮行会が開かれた。ユニフォーム姿で入場した選手たちは「チームのために力を尽くす」などと抱負を語り、甲子園での飛躍を誓った。

東明館、初戦の相手は日本航空(山梨) 夏の甲子園、初日第3試合

第103回全国高校野球選手権大会に佐賀県代表として出場する東明館の1回戦の対戦相手が3日、日本航空(山梨)に決まった。初戦は大会第1日の9日、第3試合(午後3時半開始予定)となった。 東明館は春夏通じて甲子園初出場。

第103回 全国高校野球選手権大会 組み合わせ

東明館は大会初日の第3試合で日本航空(山梨)と対戦
初出場の東明館は、加藤晴空主将が40番の封筒を指定。大会初日の9日を引き当て、日本航空(山梨)と対戦することが決まった。 日本航空は13年ぶり6度目の出場。

<全国高校野球選手権>抽選はオンライン

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、組み合わせ抽選会はオンラインで行われた。抽選会本部に番号が書かれた封筒があり、代表校の主将らが口頭で封筒を選ぶ方法で進められた。 東明館の加藤晴空主将は40番の封筒を選択。
  • 1
  • 2
イチオシ記事