スポーツ

<佐賀県高校総体2022>各競技の成績

=柔道= 【男子】団体予選トーナメント 佐賀東2―1佐賀農、嬉野5―0太良▽同決勝トーナメント 龍谷3―0佐賀東、佐賀工3―1鳥栖工、佐賀商4―1北陵、佐賀北5―0嬉野 ▽決勝リーグ (1)佐賀商3勝(2)佐賀北1…

<佐賀県高校総体2022>テニス・佐賀商男子、粘って初優勝

伊藤・手塚組、歓喜の抱擁
相手の返球がネットに掛かると、佐賀商3年の伊藤旭飛・手塚優斗組はコート上で抱き合って喜びを爆発させた。テニス男子団体決勝は佐賀商が佐賀西に2―1で競り勝ち初優勝。伊藤は「みんなの応援がなかったらくじけていた。

〈レオブラックスの挑戦(4)〉地域貢献 バスケ教室や学校訪問、ホーム盛り上げ有料鍵

3人制バスケ@唐津
「自分らしいプレーを。僕たちも応援しています」。昨年12月下旬、唐津市の長松小体育館に3人制バスケットボール男子のレオブラックスの原慎也選手が訪れた。

<佐賀県高校総体2022>全国懸け若人熱戦 3年ぶりに開会式も

高校スポーツの祭典、第60回佐賀県高校総合体育大会が27日、開幕した。新型コロナウイルスの影響で、2年連続中止となっていた総合開会式を実施。

<柔道>佐賀商高出身の田中らグランドスラムに派遣

全日本柔道連盟は27日、グランドスラム・トビリシ大会(6月3~5日)に派遣する男子4選手を発表し、昨夏の東京五輪代表では90キロ級の向翔一郎(ALSOK)が選ばれた。五輪後初の国際大会となる。

<佐賀県高校総体2022>テニス・佐賀商女子3大会連続制覇 「強気」合言葉、重圧はね返す

○…テニス女子団体は、佐賀商が「強気」を合言葉に3大会連続5度目の優勝を飾った。白武稔康監督は「優勝を続けるプレッシャーがあったと思う」と選手をおもんぱかり、健闘をねぎらった。 迎えた決勝戦。

<佐賀県高校総体2022>新体操 佐賀女子、ノーミスで栄冠

○…ノーミスで演技を終えた佐賀女子のメンバーは安どの表情見せた。新体操女子団体は佐賀女子が29・700点をマーク。チームリーダーの松本愛美は「今日の演技は今やれることはすべて出し切った。

<佐賀県高校総体2022>新体操男子・神埼清明優勝、息ぴったり

○…新体操男子団体は、全国選抜を制した神埼清明が16・600点で優勝。主将の川内珠羅は「選抜ではミスがいくつかあったが、今回は大きなミスなくやれた」と振り返った。
記事一覧
イチオシ記事