佐賀新聞ニュース|つかめTOKYO2020
<つかめTOKYO2020>7人制ラグビー女子・堤ほの花(嬉野市出身・佐賀工高卒) 主将も経験、代表の「顔」
<つかめTOKYO2020>テコンドー男子・濱田康弘(佐賀市) 多彩な足技悲願に近づく
<つかめTOKYO2020>バド男子複・嘉村健士(トナミ運輸) 「低空戦」で世界に挑む
<つかめTOKYO2020>ハンドボール・岩下祐太(トヨタ紡織九州) 飽くなき向上心原動力
<つかめTOKYO2020>自転車・小林優香(鳥栖市出身) 負けず嫌いな「絶対女王」
<つかめTOKYO2020>競泳・吉田啓祐(唐津市出身ー日大) 体格生かし「大きな泳ぎ」
<つかめTOKYO2020>レスリング・角雅人(鳥栖工高ー自衛隊体育学校) 世界選手権で表彰台、代表狙う
<つかめTOKYO2020>カヌー・スプリント 佐藤光(神埼高ー自衛隊体育学校) 誰よりも漕ぐ「努力の天才」
イチオシ記事
電子版お申し込み

地域別ニュース