台場を築く際に使われた「長崎港内外台場図」。中央の赤い曲線が外国船の入港ルートで、赤線の左下に伊王島、右上に神ノ島が描かれている(公益財団法人鍋島報效会所蔵) » この写真の記事へ
佐賀藩が長崎警備のために台場を新造した四郎島。当時の石垣や、海峡を埋め立てた通路が現在も残る=長崎県神ノ島町 » この写真の記事へ
台場の築造について解説する長崎市文化財課学芸員の倉田法子さん=長崎市民会館 » この写真の記事へ
生徒にたびたびマイクを向け、コミュニケーションを取りながら講演する古川潤哉さん=神埼市の神埼中(画像を一部加工しています) » この写真の記事へ
韓国・ティーウェイ航空の機体(佐賀県提供) » この写真の記事へ
関連記事