せいろに入ったNoppoの「焼きたて台湾カステラ」580円。提供は焼き上げから5分以内のみなので、焼き上がり時間に合わせて来店を » この写真の記事へ
「いとう養鶏場」の卵との出合いをきっかけに生まれたというシャルマンの「台湾カステラ」500円 » この写真の記事へ
スフレケーキのような軽い口当たりが魅力的な城月堂の「台湾カステラ」756円 » この写真の記事へ
甘さ控えめで卵の風味が際立つLULUの「台湾カステラ」594円。素朴でどこか懐かしい味わいを楽しんで » この写真の記事へ
料理をテーブルまで自動で運ぶ配膳ロボット「PEANUT」=唐津市枝去木の上場亭 » この写真の記事へ
上場亭に導入された配膳ロボット「PEANUT」。中央は世戸耕平社長=唐津市枝去木 » この写真の記事へ
2022年度の県予算編成に向けて要求していた政策や制度について県側と交渉する連合佐賀の役員ら(右側)=佐賀市の県市町会館 » この写真の記事へ
滑りにくさと、つや消しの黒色で景観との調和を目指した溝ふた「フォルテ」 » この写真の記事へ
西九州マツダの発足に合わせ、佐賀市の本社もリニューアルした(同社提供) » この写真の記事へ
発売当初の製法を再現し、しっとりとした口当たりが楽しめる50周年プレミアムさが錦 » この写真の記事へ
米国の高級百貨店「ニーマン・マーカス」で販売されることが決まった佐賀の特産品=県庁 » この写真の記事へ
関連記事
イチオシ記事
さが衆院選
佐賀市長選
佐賀2021大雨 義援金  
新型コロナ
こちさが

地域別ニュース