浸水した家からゴムボートで救助される住民=武雄市朝日町甘久 » この写真の記事へ
絶え間なく降り続ける大雨で、水路からは雨水が道路へあふれ出していた=午後1時ごろ、三養基郡基山町園部(撮影・志垣直哉) » この写真の記事へ
冠水した道路の上で、高い水しぶきをあげながら進む乗用車=14日午前7時半ごろ、佐賀市の城内通り » この写真の記事へ
下野排水機場のポンプが浸水のため停止。急きょ代替の排水ポンプ車を配置し、排水作業を再開させた=午後0時35分ごろ、鳥栖市下野町(撮影・瀬戸健太郎) » この写真の記事へ
長崎線全線で運転見合わせとなったJR佐賀駅では行き交う人の姿もなく、ひっそりとしていた=午後2時50分ごろ、佐賀市(撮影・鶴澤弘樹) » この写真の記事へ
降り続く大雨の影響で茶色く濁り、増水した松浦川=正午ごろ、伊万里市松浦町(撮影・青木宏文) » この写真の記事へ
砥川小周辺が冠水した影響で通行止めとなった国道34号。迂回(うかい)しようとする車が列をつくった=午前9時半ごろ、小城市三日月町(撮影・山田宏一郎) » この写真の記事へ
冠水した道路で、水しぶきをあげながら進む乗用車=午前7時半ごろ、佐賀市の城内通り(撮影・山田宏一郎) » この写真の記事へ
おにぎりや弁当が入荷できず、空になったコンビニの陳列棚。客からは「何もなかね」とため息が漏れた=午後3時半ごろ、多久市北多久町(撮影・谷口大輔) » この写真の記事へ
大雨の影響で冠水し、通行できなくなった大土井交差点付近=午後2時15分ごろ、唐津市和多田(撮影・辻村圭介) » この写真の記事へ
崖崩れで、県道に流れ込んだ大量の土砂。住宅に流入し、車庫とみられる建物(手前)も巻き込んだ。地元消防団によると、けが人はいなかったという=午後3時半ごろ、嬉野市嬉野町不動山の大舟地区(撮影・古賀真理子) » この写真の記事へ
有田工業高の卒業制作展=有田町の佐賀県立陶磁文化館 » この写真の記事へ
遺香堂本『繪像水滸傳』より、冒頭、百八の妖魔が解き放たれる場面(多久市郷土資料館蔵) » この写真の記事へ
平方観山氏の掛け軸や花形の絵と平方良乃さん » この写真の記事へ
伊東勝之事務局長(左)と鶴浩司会長(中央)、力武総一郎さん=佐賀市 » この写真の記事へ
竹串とビーズを使い、オリオン座の立体模型を作る親子=佐賀市立図書館 » この写真の記事へ
オリオン座の立体模型を作り、一緒に眺める親子=佐賀市立図書館 » この写真の記事へ
3年間愛用してきた絵画道具を描き、全国規模のコンクールで入賞した光野杏奈さん=多久市の東原庠舎中央校 » この写真の記事へ
関連記事
イチオシ記事
新型コロナ
こちさが
大学共通テスト2022

地域別ニュース