最近は住宅事情もあり、手軽に飾りやすいコンパクトサイズの親王飾りを求める人が多いそうです。優しい色合いの衣装と今風の顔立ちが人気です。「彩雲雛」は豪華なしつらえで、飾り台は横幅75センチ、奥行き40センチです。価格は45万円。 » この写真の記事へ
立ち雛もあります。手に紅白の梅を持つ「紅梅白梅」は少し目をふせたかわいらしい表情が魅力的です。立ち姿だけでなく、顔や髪型、衣装なども作り手によってさまざまです。価格は18万円。 » この写真の記事へ
ひな人形の衣装となる佐賀錦は、縦に金・銀・漆の箔(はく)糸、横に絹糸を通して織り上げており、織り手の個性が光ります。写真は「彩鳳雛」で25万円。 » この写真の記事へ
ひな人形作りでは、模様の異なる佐賀錦の生地を組み合わせていきます。1対を作り上げるのに、1年近くかかることもあるそうです。 » この写真の記事へ
ノリの重量を予測し、グラフとして表示する装置(中央)。設定値から大きく外れた場合は、赤や黄色のランプが光って知らせる=佐賀市嘉瀬町のノリ加工場 » この写真の記事へ
製造ラインに設置された画像処理装置(中央奥)。光の透過具合から乾燥後のノリの重量を予測する=佐賀市嘉瀬町のノリ加工場 » この写真の記事へ
オンラインセミナーでは、外国人の雇用に伴うリスクなどについて理解を深めた=佐賀市の佐賀商工会議所 » この写真の記事へ
店内は黒色とグレーを基調にしたおしゃれな造りになっている » この写真の記事へ
移転新築した九州三菱自動車販売佐賀支店のオートモール武雄店=武雄市武雄町 » この写真の記事へ
労働に関する電話相談を受ける県労連の相談員=佐賀市の県労連事務所 » この写真の記事へ
財務省の広報誌「ファイナンス」の巻頭言に掲載されたオプティムの菅谷俊二社長 » この写真の記事へ
関連記事

地域別ニュース