高麗谷窯跡で出土した磁器の破片。高台の底には、焼成に使われた材料が溶着した跡が残る(多久市郷土資料館蔵) » この写真の記事へ
マツの木が内面に大きく描かれた絵唐津(大皿)の陶片(多久市郷土資料館蔵) » この写真の記事へ
李参平が多久から有田に移ったことなどが記された多久家資料の一部(多久市郷土資料館蔵) » この写真の記事へ
磁器の一部(左)が溶着した陶器の破片(多久市郷土資料館蔵)。陶器と磁器を同じ窯で焼いていたとみられる » この写真の記事へ
シミュレーターを使って自転車の運転マナーを学ぶ生徒(左)=佐賀市の佐賀北高 » この写真の記事へ
鍋島藩窯秋まつりをPRする伊万里鍋島焼協同組合の畑石眞二代表理事=伊万里市役所 » この写真の記事へ
岡山市へ贈る「色鍋島三柑文瓶子」 » この写真の記事へ
カブトガニの繁殖地、多々良海岸=伊万里市木須町 » この写真の記事へ
男声合唱団「とうせん・ズ」のメンバー。中央は指導者の山口順子さん » この写真の記事へ
読書週間の初日の10月27日は、文字・活字文化の日です » この写真の記事へ
最高賞の日本ユニセフ協会会長賞に輝いた宮﨑凜さん(龍谷中2年)の作品 » この写真の記事へ
県ユニセフ協会会長賞の江口向日葵さん(江北小2年)の作品 » この写真の記事へ
関連記事

地域別ニュース