高麗谷窯跡で出土した磁器の破片。高台の底には、焼成に使われた材料が溶着した跡が残る(多久市郷土資料館蔵) » この写真の記事へ
マツの木が内面に大きく描かれた絵唐津(大皿)の陶片(多久市郷土資料館蔵) » この写真の記事へ
李参平が多久から有田に移ったことなどが記された多久家資料の一部(多久市郷土資料館蔵) » この写真の記事へ
磁器の一部(左)が溶着した陶器の破片(多久市郷土資料館蔵)。陶器と磁器を同じ窯で焼いていたとみられる » この写真の記事へ
高所作業車を使って、道路を覆う木の枝を切る九電工社員=多久市多久町の多久神社 » この写真の記事へ
学生時代の悩みや現在の活動について話すトランスジェンダーで俳優の西原さつきさん=唐津市の唐津西高校 » この写真の記事へ
アスファルトに色水を流して排水性を確かめる児童たち=佐賀市嘉瀬町の中野建設佐賀合材工場 » この写真の記事へ
重機の乗車体験を楽しむ児童たち=佐賀市嘉瀬町の中野建設佐賀合材工場 » この写真の記事へ
武雄市出身の古賀シェフが有田・伊万里焼などに盛り付けたフランス料理=東京・京橋 » この写真の記事へ
今週の花・秋韻・中島みゆき(嬉野市)大和池坊 » この写真の記事へ
車や戦闘機など約120点のプラモデルが並ぶ展示会=佐賀市立図書館 » この写真の記事へ
関連記事

地域別ニュース