駅弁やお取り寄せのほか、アリタセラ(有田焼卸団地)店やJR有田駅の有田銘品館でも味わえる「有田焼カレー」。店舗では食べた器ではなく新品が持ち帰りできる=有田町のアリタセラ店 » この写真の記事へ
「有田焼カレー」を盛り付ける器は、バリエーション豊か。定番は毎年デザインを変えるほか、干支(えと)ものや、窯元や作家とのコラボなどさまざま » この写真の記事へ
駅弁やお取り寄せのほか、アリタセラ(有田焼卸団地)店やJR有田駅の有田銘品館でも味わえる「有田焼カレー」。店舗では食べた器ではなく新品が持ち帰りできる=有田町のアリタセラ店 » この写真の記事へ
「灰釉彫文茶碗 銘 玄海」(肥前、1580-1600年代、口径14.2センチ、高さ10.1センチ、底径7.4センチ・佐賀県立九州陶磁文化館所蔵 髙取家コレクション 佐賀県重要文化財) » この写真の記事へ
九州陶磁文化館・山本文子学芸員 » この写真の記事へ
「バリ島の朝(天地一体)」(40号変型、2008年) » この写真の記事へ
「赤い道」(65・2センチ×50センチ、1995年) » この写真の記事へ
「エベレストへの道(シャンボジェにて)」(91センチ×65・2センチ、1996年) » この写真の記事へ
「バリネス」(P25号変型、1992年) » この写真の記事へ
4冊目の画集を刊行した乗田貞勝さん=唐津市菜畑の自宅アトリエ » この写真の記事へ
画集「命の道」の表紙 » この写真の記事へ
関連記事
電子版お申し込み

地域別ニュース