俵はドライドックの壁の一部にあった。壁を維持しつつ、地下からの湧き水を逃がす工夫だった可能性がある » この写真の記事へ
三重津海軍所跡から見つかった俵。石炭のくずと、砕いた蠣殻が詰め込まれていた=佐賀市川副町(市教育委員会提供) » この写真の記事へ
「ドライドック」の原寸大復元イメージ(三重津海軍所跡保存整備指導委員会の配付資料から) » この写真の記事へ
多久市の陶芸家、マイケル・マルティノさん » この写真の記事へ
部材の切削から加工まで、手作業で作られる「田中桐下駄(げた)」(長崎市)の製品 » この写真の記事へ
出展される「銀職庵水主」(長崎県大村市)の革細工製品 » この写真の記事へ
出展する田中鎌工業(長崎県大村市)が手掛けた伝統工芸「松原刃物」の包丁や鎌 » この写真の記事へ
新作を中心に約300点が並び、作家独自の色や形の食器などを展示販売する会場=佐賀市の佐賀玉屋 » この写真の記事へ
最高裁の弁論について「有明海の再生のために、期待したい思いはある」と述べた漁業者の平方宣清さん=藤津郡太良町 » この写真の記事へ
関連記事