<診察室から>複雑な性の問題 » 記事に戻る
最大で85.7センチ、9.65キロのアラ、計4匹を釣った大宅正秀さん(提供写真)=長崎県平戸市の「あじか磯釣センター」 » この写真の記事へ
助言を受けながら、足跡の囲いの中に石こうを流し込む円田浩二記者(右)=佐賀市の佐賀県警本部 » この写真の記事へ
空き缶に専用のはけでアルミ粉末をまぶし、指紋採取に挑戦する円田浩二記者(右)。中原崇文鑑識課長に「粉を付けすぎ」とダメ出しされる » この写真の記事へ
鑑識歴10年の天本由加里巡査部長。鑑識作業においては「基本の徹底」を大事にする » この写真の記事へ
「光を落とす」(F100号、部分、キャンバス、油彩) » この写真の記事へ
10年ぶりの公開となる国宝の「催馬楽譜」(平安時代後期、公益財団法人鍋島報效会所蔵) » この写真の記事へ
栄子夫人の「仮装舞踏服」(明治時代中期、公益財団法人鍋島報效会所蔵) » この写真の記事へ
関連記事