佐賀県鳥栖市議会(21人)は9月定例議会最終日の7日、橋本康志市長に対する辞職勧告決議案を自民、公明、共産などの賛成多数で可決した。市長への辞職勧告決議が可決されたのは6月議会に続き2度目。橋本市長は「重く受けとめて市政に取り組んでいきたい」と述べ、辞職しないことを表明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加