■子猫の自然死2割 佐賀県内の保健福祉事務所で2016年度に収容された犬と猫は、前年度より3割ほど少ない1106匹で、譲渡されたのは4割超減の303匹、殺処分を含む致死処分は2割減の694匹だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加