■地域の不安に向き合う 「庭の木一本でも切ったらいかん」。かつて山里の集落にはそんな不文律があったという。城原川ダムの水没予定地。立ち退く際、少しでも補償を得るための自衛策なのだろう。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加