宅配便最大手ヤマト運輸の長尾裕社長(51)は8日、インタビューに応じ、人工知能(AI)を活用して配達を効率化することを明らかにした。配達履歴などを分析しドライバーに最適ルートを示す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加