陶磁器産業の後継者育成を目指す佐賀県の窯業人材育成事業一般研修の開講式が10日、有田町の佐賀大有田キャンパスであった。19~62歳の22人が、焼き物技術の継承を誓った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加