子どもたちの食べず嫌いをなくしたいと、鳥栖市の鳥栖小(楠修一郎校長、656人)で8日、食育の授業があった。1年生120人がグリーンピースをさやから取り出し、豆ご飯にして給食で味わった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加