■室町伝える2基の墓碑 若木町川古の秀岩寺は、戦国時代に橘渋江氏と後藤氏がこの地の覇権を争う中で戦死した馬渡甲斐守俊明の菩提(ぼだい)を弔うために、妻が建てた庵(あん)が起源です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加