九州電力玄海原発3、4号機の再稼働に向けた「地元同意」の判断材料にするため、立地自治体の東松浦郡玄海町議会は9日、原子力対策特別委員会(岩下孝嗣委員長、11人)を開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加