佐賀市が2014年4月に施行した「まちづくり自治基本条例」について、秀島敏行市長は27日、条例検証委員会(荒牧軍治委員長・8人)を設置し、検証を諮問した。条例は施行後4年以内の検証を規定しているため。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加