■列国侵入に備え難工事 潮流の勢いが、防御の要の工事を難航させていた。 長崎警備を担う佐賀藩が嘉永3(1850)年、欧米列国の軍艦侵入に備え、台場を築造するために着手した関連工事。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加