天皇陛下の退位を実現する特例法が9日、参院本会議で全会一致により可決、成立した。政府は2018年12月の退位と、新天皇の即位を想定。元号改正を19年元日とする案を検討している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加