九州電力労働組合が2017年春闘で、賃金水準の底上げにつながるベースアップ(ベア)に当たる賃金改善分として月額3千円と、賞与(一時金)4・1カ月分を求める方針を固めたことが9日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加