3年後の完成を目指して移転新築する神埼市の本庁舎の建設概要がまとまった。1階に住民利用の多い窓口や休日も開放する多目的スペース、会議室などを配置。内装は脊振町の木材を活用し、「神埼らしさ」を重視する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加