■明治の和風邸宅、市民の拠点に 市民の熱意が行政を動かし、10億円の費用を要して移築復元された明治中期の和風邸宅「旧大島邸」が23日、唐津市南城内にオープンする。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加