神埼市脊振町の鹿路(ろくろ)神社で8日、古くから伝わる百手祭(ももてまつり)が開かれた。鹿路地区の氏子ら約30人が太鼓をたたいて社殿を一周、手製の弓矢で的を射て地区の安泰を願った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加