沖縄北部沿岸部での米軍の新型輸送機オスプレイ不時着事故を受け、防衛省は16日、佐賀空港への配備計画について、安全面の確保を大前提に説明を続けて理解を求める考えを示した。事故原因とされる空中給油訓練に関しては、仮に配備された場合でも空港周辺や有明海上、訓練飛行経路上では想定していないと説明した。