社民党佐賀県連や労働組合などでつくる原水禁県協議会(徳光清孝会長)は10日、定期総会を佐賀市で開き、非核を訴える本年度の運動方針を採択、「核なき世界」の実現へ取り組みを強化することを確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加