山口祥義知事と県内20市町の首長が意見交換する「GM21ミーティング」が10日、佐賀市で開かれた。災害時に避難所で自治体が作る「避難者名簿」(避難者カード)について、様式の統一化を図ることを確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加