■特産品づくり、流通と連携 パクチーなど東南アジアで親しまれる野菜やハーブの栽培が、日本各地で広がりつつある。エスニック料理の人気を追い風に、農家は新たな特産品づくりを狙う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加