武雄焼の10窯元が茶わんなど普段使い三種の食器を並べて新たな食卓を提案する「春・新生活の器」展が武雄市図書館・歴史資料館で開かれている。23日まで。 暮らしが変わる春に合わせた初めての企画。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加