総務省消防庁は、設置から10年を過ぎた住宅用火災警報器の交換を呼び掛けている。電子部品が劣化すると火災時に警報器が鳴らない恐れがあるためだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加