長野県坂城町は1日、高齢者の家に専用の水道メーターや通信装置を取り付け、水道の利用状況に基づき、離れて暮らす家族などに異変を知らせる見守りシステムの実証実験を始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加