佐賀市の護国神社で13日、戦没者を慰霊する「春季例大祭」が行われた。県内から遺族や自衛隊員ら約750人が参列、厳かな雰囲気の中、明治以降の戦没者と自衛隊殉職者の3万5600柱を追悼した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加