原子力規制委員会は14日、臨時会合を開き、九州電力の瓜生道明社長と原発の安全性向上の取り組みについて意見交換した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加