佐賀県は13日、地域活性化と産業振興のために知的財産(知財)活用で協力する協定を日本弁理士会(伊丹勝会長)と結んだ。知財の重要性を知らせるセミナーや相談会、人材育成に取り組んでいく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加