花と緑のフェスティバル「第26回春の祐徳植木市」(鹿島市観光協会主催)が15日、鹿島市古枝の祐徳稲荷神社駐車場で開幕した。庭木や盆栽、苗ものなどを11業者が持ち寄り、多彩な草花で買い物客をもてなした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加