佐賀県内を流れる県管理河川の大規模氾濫を想定し、市町や県などが連携して減災に取り組む対策協議会の初会合が14日、鹿島市などで開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加