佐賀県が護岸工事をしたクリークが崩れ、農作物栽培に支障が出たとして、小城市の農業男性が県に60万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、佐賀簡裁が県に請求通りの支払いを命じたことが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加