■「拡大解釈の余地」 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が与党の強行策で成立する局面に向かったが、「誰が何をすれば罪になるか」という線引きは曖昧なままだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加