米穀卸の佐賀県食糧(佐賀市、中島義人社長)は、精米に特化した衛生管理基準「精米HACCP」の認証を佐賀県内で初めて取得した。異物混入などの問題発生要因を全工程で把握し、防止策を講じる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加