男性の介護について考える講座が佐賀市のアバンセで開かれた。立命館大の津止(つどめ)正敏教授が実態を解説し、「介護のある暮らしや働き方こそが標準になるような社会システムの創造が必要では」と呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加