愛媛県は15日、四国電力伊方原発(同県伊方町)で原子力災害発生時、ドローンで避難路などの状況を確認する実証実験を2017年度から始めると明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加