佐賀県国際交流協会(佐賀市)は11日、県内在住の外国人を対象にした日本語講座を開講した。大学で学ぶ留学生や技能実習生が参加し、日本語能力試験で2番目に難易度が高く、就職に役立つ「N2」の合格を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加