伊万里市の藤ノ尾梅林で13日、牧島小(廣田弘一郎校長)の3年生12人が特産の梅の収穫に挑戦した。地元農家の女性グループの協力で、もぎたての梅を梅干しに加工する作業も体験し、地域への理解を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加