佐賀県内の介護現場で外国人を受け入れる動きが広がっている。新年度から、介護福祉士の国家資格を取れば日本で働き続けられるようになり、養成校への留学が増加している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加