化粧品産業の集積を狙う唐津コスメティック構想で、販売を担う地域商社「Karatsu Style」(カラツスタイル)が設立した。農産物など地場産の原料を使った化粧品の商品化が少しずつ形になる中、小さな事業者では難しい海外輸出など販路開拓に努める。